NEWS

家を建てる際の間取りに関する注意点をご紹介!

家の住みやすさを決定する要素は「間取り」です。
住みやすい間取りが実現できていれば、快適に過ごすせる一方で、住みにくい間取りであれば日々の生活にストレスを感じてしまいます。
そのため、間取りを考えておくことはかなり重要です。
そこで今回は、注文住宅の間取りを決める際に大切なポイントをご紹介します。

 

□間取りを考える際の注意点

間取りを考える際はいくつか注意しておきたいことがあります。

まず、暮らしてみたい家のイメージを固めておきましょう。
家を建ててからの生活を具体的にイメージせずに間取りを決めてしまうと、住み始めてから不便さを感じることがよくあります。

「効率よく家事ができる間取りにしたい」
「子どもたちと楽しく過ごせる家にしたい」
このような理想が、どのようにすれば実現できるのかを具体的に考えていきましょう。

そして、アイデアでお困りの際は、担当者にアドバイスを求められることをおすすめします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

次に家族構成を考慮し、優先順位を決めることが挙げられます。

最適な間取りは家族の人数や、年齢によって異なります。
例えば、お子様がたくさんおられる家庭であれば、子供の人数分の部屋が必要かどうか、子供部屋を広くして複数の子供で共有するのかなど、検討する必要があります。
また、ご高齢の方がお住まいの場合であれば、廊下を広くしたり、段差を少なくしたりといった工夫が必要になります。
このように、家族の人数や年齢をしっかりと考慮して、間取りを決めるようにしましょう。

さらに、家族の中で優先順位を決めておくことも重要になります。
住宅に求めるものはそれぞれ異なりますよね。
ただ、全ての希望を予算内で実現するのは難しいため、事前に家族の中で話し合い、優先順位を決めておきましょう。

以上が間取りを考える際の注意点になります。

 

□間取りを決める前に押さえておきたいこと

先ほどは注意点についてご紹介しました。
ここではそれに加えて間取りを決定する前に確認しておきたいことをご紹介します。

先ほどもご紹介しましたが、まず、家族としっかり話し合っておくことが挙げられます。
住宅は家族で住むものであるため、家族みんなが満足して暮らせることが最も優先すべきポイントです。
そのため、事前に話し合い、何を優先するかと言ったことを決めておきましょう。

次に土地を把握しておくことが挙げられます。
住む予定の土地がどのような状態なのか、どのような環境にあるのかといったことは事前に確認しておきましょう。
具体的には、敷地の強度を調べる地盤調査や、その土地の法規制を調べておくといったことがあります。
そして、土地の状態だけでなく、日当たりや周辺施設、雰囲気と言った周辺環境も事前に良く調べておきましょう。

これらを押さえておくことで、間取りに関する失敗をするリスクが大幅に軽減されます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□まとめ

今回は家を建てる際の間取りに関する注意点を詳しくご紹介しました。
間取りを決める際は家族と話し合うことが重要になります。
時間をかけてしっかりと話し合い、後悔の無い家づくりをするようにしましょう。
本記事が間取りについて検討されている方のお役に立てば幸いです。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.