NEWS

ペットと暮らす家を建てたい方へ!間取りについて解説します

ペットを飼われている、飼われる予定のある方で、新しく家を建てられる場合はペットも住みやすい家づくりをしたいですよね。
ただ、ペットが暮らしやすい家といっても具体的なイメージができる方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、ペットと暮らすための間取りについて解説します。
ぜひお役立てください。

 

□ペットと暮らす際の間取りの工夫

ペットが暮らしやすくするためには、一般の家とは違った工夫が必要になります。
ここからは、その間取りの工夫をいくつかご紹介します。

まず、ペット用のトイレを置く場所を決めておくことをおすすめします。
犬や猫といったペットのトイレはなるべく人間の視線が避けられる、落ち着いた場所であることが望ましいです。
そのため、トイレを置くスペースを事前に検討しておくことで、ペットがストレスなく過ごしやすくなります。

また、トイレを置く場所の床材の防水性や換気設備に配慮しておくと、掃除がしやすく、ニオイが残りにくくなります。

次に、家全体の段差を少なくし、すべりにくい床材を選んでおくことが挙げられます。
段差は緩やかであるほど、ペットの身体に負担がかかりにくくなります。
ペットは段差を飛び降りることもあるため、あまりに高い段差があると足腰に負担がかかってしまいます。
そのため、なるべく家全体の段差は少なくするようにしましょう。

そして、すべりにくい素材を使うことも需要です。
ツルツルとすべる床材であると、グリップが効かず、転倒の原因となったり、肉球に負担をかけてしまったりする恐れがあります。
ペットが暮らしやすい住宅を実現するためには、なるべくすべりにくい床材を使用するようにしましょう。

 

□ペットにとって安全な家にするための工夫

先ほどは、ペットにとって暮らしやすい住宅を実現するための工夫についてご紹介しました。
ただ、安心安全にペットが暮らすためには先ほどご紹介した以外にも気を付けておきたいポイントが存在します。
そのため、ここでは安全な家にするための工夫をご紹介します。

まず、ペットフェンスを設置しておくことが挙げられます。
住宅内であっても、キッチンや玄関、階段など、ペットが立ち入ると危険な場所はたくさんありますよね。
そのような場所にはペットが出入りできないようにペットフェンスを設置されることをおすすめします。

次に、バルコニーの隙間からの落下を防止しておくことが挙げられます。
バルコニーに隙間がある場合、ペットが誤って落下してしまう恐れがあります。
ペットは人間の子どもよりも小さく、わずかな隙間もすり抜けてしまうため、バルコニーがある場合は細心の注意を払うようにしましょう。

隙間が存在する場合はフェンスやラティスを活用することでなくせます。
ペットの安全を守るためにも必ず確認しておいてくださいね。

これらが安全な家にするための工夫です。
ペットが怪我をしない家にするために、ぜひ参考にしてください。

 

□まとめ

今回はペットと暮らすための間取りについて解説しました。
ペットと暮らしやすい家にするためには、ペットの身体のことを考えた家づくりをする必要があります。
ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして家づくりをしてみてくださいね。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.