NEWS

マイホームの間取りで後悔しないためのポイントを解説します

「住宅を購入するなら間取りで後悔したくない」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
住宅は大きな買い物であるため、後悔するようなことはしたくありませんよね。
そこで今回はマイホームの間取りで後悔しないためのポイントを解説します。

 

□間取りの後悔としてどのようなものがあるのか紹介します

住宅を購入されてから、間取りで後悔される方は少なくありません。
これから住宅を購入される方が後悔しないためにも、ここではその後悔の例をいくつかご紹介します。

1つ目に焦って決めてしまったということが挙げられます。
業者とのやりとりの中で、話が盛り上がってしまい慎重に間取りを考えなかったといった方が一定数おられます。
また、設計士に決めてもらった提案を焦って全て受け入れてしまうと、実際に住み始めて後悔することがあります。
しっかりと理想のイメージを事前にある程度固めておきましょう。

2つ目に部屋数に関する失敗が挙げられます。
もっと間取りを工夫して、部屋を増やせば良かったと思われる方は多くいらっしゃいます。
一方で、部屋をもっと少なくすれば良かったといった方もいらっしゃいます。

それぞれの部屋の用途や将来的な家族構成などをしっかりと想定しておくことでこの後悔は防げることが多いです。

3つめに生活動線の失敗が挙げられます。
間取りを決める際は生活動線のような「暮らしやすさ」を想定しておくことが重要です。
暮らし始めて不便さを感じる住宅にしないためにもしっかりと考えておきましょう。

 

□間取りの後悔を防ぐためのポイントを紹介

先ほどご紹介したような失敗を防ぐためには具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか。
ここでは、住宅の間取りに関する失敗を防ぐためのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントとしては、現在の住まいの不満を把握しておくことが挙げられます。
「新しい家に住みたい」と考えるということは現在の住まいに何かしらの不満があるはずです。
その不満を解消できるような住宅を実現することで、間取りで後悔することが少なくなります。

不満に思う箇所は人によってそれぞれ異なりますので、家族内でしっかりと不満や要望を共有しておきましょう。

2つ目のポイントとしては、日々の暮らしをしっかりと想定しておくことが挙げられます。
前項でもご紹介しましたが、住み始めてからの暮らしを想定することで、間取りで失敗する可能性を大幅に軽減できます。

コンセントやトイレの位置、勝手口の有無など実際の暮らしを具体的にイメージしながら決めておくようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、間取りで後悔しないためのポイントをご紹介しました。
間取りで後悔しないためには、住み始めてからの生活を想定することが重要です。
本記事が住宅の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.