NEWS

マイホームの間取りは動線を意識すると良い!種類をご紹介します

マイホームをご検討中の方で間取りについてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
間取りを考える際は動線を意識しながら計画することをおすすめします。
この記事では間取りを考える際に動線を意識する理由や動線の種類について詳しく解説します。

 

□間取りを考える際は動線を意識しよう

マイホームで間取りを1から考えるのは少し大変ですよね。
理想の間取りを作るためには間取り計画を慎重に立てておく必要があります。
ポイントを押さえて効率よく理想の間取りを作りましょう。

間取りを考える際に動線を意識することは重要です。
動線を意識せずに間取りを考えマイホーム完成後にいざ住んでみると、暮らしにくいと感じることや効率の悪い生活になる可能性があります。

日々の生活を想像してみてください。
朝起きて洗濯機を回している間に朝ご飯を食べ、洗面台で歯を磨いて洗濯を干しに行くという流れがあるとします。
洗濯機の場所と洗濯物を干しに行く場所があまりにも遠い場合や、洗面台とリビングが遠すぎる場合、これらの移動にかかる時間は1日単位で見ると気になりませんが、1年を通して合算するとかなり大きな時間となります。

そのため実際に生活する場面を想像しながら間取りを考えることはとても重要です。

 

□動線の種類をご紹介

ここでは動線の種類についてお話しします。

はじめに家事動線について紹介します。
こちらは洗濯や掃除、料理の際に移動に使用する動線のことを指します。
この動線を工夫するかしないかで家事のしやすさや家事にかかる時間が変わります。

次に衛生動線について紹介します。

こちらはトイレや浴室に向かう際に移動に使用する動線のことを指します。
人に見られても良い部分やプライバシーを守るための部分などを明確にしておくことをおすすめします。
特に来客の際にバスルームが見られやすい位置にあると、お客様も家族も使いにくい家となってしまいます。
このようなことを避けるため、衛生動線は慎重に計画しましょう。

次に通勤動線について紹介します。

こちらは朝、寝室や個々の部屋から起床して、学校や会社に行くために家を出るまでに使用する動線のことを指します。
寝坊してしまった時や忙しい朝になるべく時間をかけずに家を出たいですよね。
家族間で洗面台の使用が被らないように広めに作るなどの対処法も考えておきましょう。

 

□まとめ

この記事では間取りを決める際に動線を考えることの重要性や動線の種類について紹介しました。
実際に生活した時のことを考慮して効率よく生活できる間取りを考えましょう。
当社はお客様のライフスタイルを大事にしながらマイホームづくりをお手伝いします。
ご不明点やご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.