NEWS

家づくりの外観で失敗したくない方へ!ポイントをご紹介します

「オシャレな外観をつくりたいがどうすれば良いかわからない」
注文住宅を検討中の方でこのようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
この記事では外観の失敗例や外観を決める際のポイントについて紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□外観の失敗例をご紹介

*色と素材

外観の色や素材は家の印象を大きく変えるポイントとなります。
そのため色選びや素材選びは慎重に行うようにしましょう。

色選びの際は、
「外観の色を何色も使用したら周辺の家から浮いてしまった」
「劣化した際の色落ちで建築当初想像していた家ではなくなってしまった」
などの失敗例があります。

これらを対処するためには外壁に使用する色は3色までと決めておくと良いですよ。
また、実際に決めた色で建てられている色があればその家を見に行ってみたり、色見本を見たりしておくことをおすすめします。

素材選びの際は
「白やベージュなどの明るい色を選んだが、汚れが落ちにくい素材だったため、汚れが目立ってしまった」
「かっこいい印象を与える黒を選んだが、光を吸収しやすいため家の中がすぐ熱くなってしまった」
などの失敗例があります。

これらを対処するためには、色に合わせて汚れが落ちやすい素材にしておくことや、断熱性、耐熱性に優れている素材を選ぶことをおすすめします。

 

*窓の配置

窓の配置では
「統一性がなくなった」という失敗例が挙げられます。

窓の形や大きさをバラバラにすることも個性ですが、あまりにもバラバラにしてしまうと外観のバランスが悪くなる原因となります。
そのため全体のバランスを考えながら窓の大きさを決めましょう。

 

□外観を決めるポイントとは

ここからは外観を決める2つのポイントについてご紹介します。

1つ目は全体的な形をあらかじめ決めておくことです。
外観の形を考える際は、はじめにベースの形を決めてから性能やコストとの兼ね合いも考え理想の形を見定めましょう。

2つ目は周辺環境やその地域の気候を知っておくことです。
周辺が落ち着いた雰囲気の場合は、ある程度街の景観を守るようにしましょう。
また景観ガイドラインで色が指定されている地域もあるため調べておきましょう。

地域によっては、外壁の素材や色をその地域に特化した住宅会社の方と話し合った方が良いものを作れる可能性があります。
相談しながら一緒に素材を選びましょう。

 

□まとめ

この記事では外観を作る際の失敗例や外観を作る際のポイントについてご紹介しました。
失敗例を事前に知り、外観を作った後の後悔を防ぎましょう。
当社はお客様の笑顔を大切にした暮らしが再現できるよう心を込めてお手伝いします。
家づくりでお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.