NEWS

マイホームの断熱材の役割とは?種類もご紹介します!

家を建てる際に断熱は大切だと聞いたことはありませんか。
そもそも断熱材にはどのような役割があるのでしょう。
この記事では断熱材の役割や種類について詳しく解説します。
家づくりを行う前にぜひ参考にしてみてください。

 

□断熱材の役割をご紹介

「そもそも断熱材にはどのような役割があるのか」
ここではその疑問を解決するために断熱材が持つ2つの役割を紹介します。

 

*快適な空間を作ること

断熱材がないと、夏の暑い日に外の空気が家の中へと侵入してきます。
そしてこの空気によって冷房の効きが悪くなり、温度を下げたり風量を上げたりする必要があります。
冬の寒い日には室内の暖かい空気が外へと逃げてしまう原因となります。

したがって夏も冬も快適な温度を保つことが難しくなるのです。
しかし断熱材はその空気の入れ替わりを防いでくれるため快適な空間を作ることが可能です。

 

*家を長持ちさせること

世界的にみて日本の家の平均寿命は短いと言われています。
その理由として「結露」が挙げられます。
結露が発生する理由は室内と室外の温度差とされているため、温度差が大きいほど結露は発生しやすいです。

結露には2種類あり、壁の内部で発生するものを内部結露と言います。
そして壁の表面で発生するものを外部結露と言います。
内部結露は、結露していること自体に気づける可能性が低いです。
このようにして生まれた結露は家を腐らせてしまうため、温度差が生まれないように断熱材が重要な役割を果たします。

 

□断熱材の種類をご紹介

断熱材の種類は大きく分けて3つあります。
それぞれの特徴についてお話しします。

1つ目は繊維系断熱です。
こちらはガラスを繊維状にした断熱材です。
繊維と繊維の間に生まれた隙間に室内外の空気を入れて閉じ込めるという仕組みです。

2つ目は発泡プラスチック系断熱材です。
こちらは名前の通りプラスチックを発砲させ、発砲したときに生まれた細かい気泡の中に侵入してくる空気を閉じ込めるという仕組みです。

3つ目は天然素材系断熱材です。
こちらは自然素材を使用して作られた断熱材です。
費用は高くなりますが無添加で環境に優しいところが特徴です。

 

□まとめ

この記事では断熱材の役割や種類についてお話ししました。
断熱材には家の腐食を防いでくれることや室内の環境を整えてくれるなど様々なメリットが存在しました。
ご自身の理想の家をつくるためにはそれぞれの性能にどのような役割があるかを知ることが大切です。
家づくりでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.