NEWS

家づくりの注意点とは?失敗事例から学びましょう!

ここでは家づくりをするときの注意点について紹介します。
お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

 

□設備や家具に関する失敗例について知っておこう!

何度も悩んでプランを考えたはずのマイホームですが、実際に住んでみると想像と違うと感じてしまうことはよくあります。
新しく家を建てる予定だけど後悔をしたくない人のためにここでは設備や家具に関するありがちな失敗事例について紹介します。

1つ目はコンセントについてです。
よくある失敗としてはコンセントの不足が挙げられます。

しかし、逆のパターンも問題でありコンセントの設置が多すぎると家具と干渉してしまいます。
最近では自動で掃除をしてくれるお掃除ロボットを採用する家庭も多いです。
また、コードレス掃除機の利点の1つに好きな場所で充電できることがあり、家具との干渉を避けるためにも収納の中にコンセントがある場所を作っておくと便利です。

2つ目は家具の配置についてです。

造作家具は既製品ではなく、部屋に合わせて特別につくってもらった家具をいいます。
既製品の場合、部屋にぴったり合った家具というのはなかなかなく、憧れる方は多いです。
しかし、模様替えがしにくかったり撤去が難しかったりします。
将来的に部屋に大きな家具を入れる可能性がある人はどのような計画が最適なのかを考えておく必要があります。

 

□家づくりにおける注意点とは?

ここまでは設備や家具に関する失敗例について紹介しました。
家づくりを成功させるためにも注意点を確認しておきましょう。

 

*間取りの考え方

間取りでの大切なことは環境と日当たりが大きく変化する方角です。
部屋の広さや何を何階に設置するのかを考えます。
また、キッチンや浴室、洗面所といった水回りをどのようにつなげるかといった具体的な場所から考えると構造がつかみやすいです。
間取りは設計者が具現化してくれますが要望がある場合は自分の希望する間取りを考えておくことがおすすめです。

 

*家の性能について

性能が高い家に住みたいと思う人はほとんどでしょう。
しかし住宅の性能の高さはコストの高さに比例します。

そこで住宅の性能についてはライフサイクルコストを考慮してみましょう。
建ててから解体までにかかる総費用を考えてみることでどこにお金をかけるべきなのかが分かります。
安すぎる仕様を選んで後悔しないように全体のバランスを考えてみましょう。

 

□まとめ

今回は家づくりをするときの注意点について紹介しました。
よくある失敗事例を理解し、快適なマイホームを実現しましょう。
マイホームについてお悩みの方はぜひ1度当社にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.