NEWS

家づくり中の方必見!ペットと住みやすい家にするための工夫をご紹介!

「ペットと暮らす家を作るためには、どのようなことに注意する必要があるのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃいますよね。
そこで、この記事では、ペットと暮らす家の間取りの工夫と、よくある問題の解決策をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

□ペットと暮らす家の間取りの工夫をご紹介!

ペットと暮らす家は、人間だけでなくペットにとっても住みやすい家になるように意識しなければなりません。
そこでまずは、ペットのことを考えた間取りの工夫をご紹介します。

1つ目が、階段は緩やかに作ることです。
階段を緩やかに作ると、ペットが走り回ったりしても柔らかい肉球に負担をかけずに済みます。
さらに、人間にとっても妊娠した場合や歳を重ねていくと、足腰に負担がかかることが懸念されますが、階段を緩やかにしておくことで、移動が億劫にならないでしょう。

ご家族もペットも快適に過ごせる家づくりには、階段の安全性を意識することが必要不可欠です。

2つ目が、肉球が傷つく床材を避けることです。
人間にとっては特に問題がない床でも、ペットにとっては滑りやすかったり肉球が傷つきやすかったりします。
そこで、メインとなるペットの生活スペースは、コルク材を使用したり、ペット用のコーティングを行ったりすることが大切です。
一般的なフローリングは、滑りやすく怪我につながる恐れがあるので、注意しましょう。

 

□ペットによくある困った問題の解決方法について

続いて、ペットと暮らす家でよくある困った問題の解決方法について解説します。

1つ目が、鳴き声などの音を抑える工夫をすることです。
ペットは吠えることがあるため、鳴き声を抑えることは重要です。
また外部への音漏れだけではなく、室内で動きまわるペットの足音は響きます。
外部の音漏れと合わせて足音対策をすることも快適な暮らしを実現するためには重要なポイントです。

2つ目が、臭いの対策をすることです。
ペットのトイレを常時設置する場所の周囲には、換気扇を設置するなどして空気環境を整えなければなりません。
24時間の換気システムを備え付けるなど、臭いが部屋にたまらないようにしましょう。

 

□まとめ

この記事では、ペットと暮らす家の間取りの工夫と、よくある問題の解決策をご紹介しました。
ペットと暮らす方は、この記事を参考にしていただけると幸いです。
当社では、ペットと快適に暮らせる住宅をご提供しております。
気になる方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.