NEWS

マイホームで予算オーバーが起きる原因について解説します!

「マイホームを検討しているが、予算オーバーしてしまいそう」
「コストを抑えるためにはどのような工夫が必要なのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方も多いですよね。
予算内で満足できる住宅にするには、予算オーバーする原因について理解しておく必要があります。
気になる方はぜひこの記事を参考にしてください。

 

□注文住宅で予算オーバーが起きる原因について

まずは、注文住宅で予算オーバーしてしまう原因について解説します。

1つ目が、理想をそのまま伝えていることです。
注文住宅を建てる際には、おしゃれでグレードの高い床材を使いたい、部屋数を増やしたいなどさまざまな要望があるでしょう。
しかし、全ての理想やこだわりを伝えた住宅を叶えようとすると、価格はどんどん高くなってしまいます。

予算内で注文住宅を建てるには、絶対に譲れない部分と妥協しても良い部分に分けて考えることが大切です。

2つ目が、予算が少ないことです。
注文住宅を建てるためには、どのくらいの資金が必要かをご存じでしょうか。
2019年の調査によると、注文住宅の所用資金は、約3454万円となっています。
現時点で、これよりも大幅に少ない予算の場合は、そもそもの予算が足りていないかもしれません。

ただし、注文住宅に必要な資金は、施工会社、住宅性能、延べ床面積などに左右されるので、わからないことは担当の方に相談しましょう。

3つ目が、外構などの付随する部分の工費を考えていなかったことです。
住宅を建てる際には、建物部分だけでなく庭や車庫、塀などにも費用がかかります。
もし、外構を考えずに見積もりを出してもらっているとすれば、予算オーバーになるのは当然です。
外構にかかる費用についてもあらかじめ予算に入れて考えましょう。

 

□コストダウンしたくても削らない方がいい場所について

続いて、コストダウンしたくても削らない方が良い場所について解説します。

1つ目が、外構です。
一般的に、塀や柵などの外構工事には、50万円から100万円程度の費用がかかると言われています。
しかし、手を抜くと防犯対策が不十分になり泥棒から狙われることにもつながります。

また、プライバシーが守れなくなるので注意しましょう。

2つ目が、キッチンです。
水回りの中でも特に毎日使用する場所であるキッチンは、コストダウンのために手を抜くと使いづらく後悔してしまうかもしれません。

3つ目が、外壁です。
外壁は毎日雨風にさらされるので、手を抜いてしまうと劣化が早まり、結果的にメンテナンス費用が高くつきます。
家の第一印象を決めるパーツなので、できる限りこだわりましょう。

 

□まとめ

この記事では、予算内で満足できる住宅にするために、予算オーバーする原因について解説しました。
コストダウンばかりを考えると結果的にメンテナンスやランニングコストが高くなるので、ポイントを押さえて検討する必要があります。
注文住宅について気になることがある方はぜひ一度当社にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.