NEWS

家づくりでは防音対策は必要?生活音を漏らさないための対策もご紹介!

「マイホームに防音対策は必要なのだろうか」
家づくりをする際には、このようなことが気になる方もいらっしゃいますよね。
そこでこの記事では、家づくりにおける防音対策の重要性と、生活音を漏らさないためにできる工夫をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

□防音対策の必要性について

普段の生活で、騒音と感じるレベルは人によって異なります。
防音対策を十分に施していない環境での楽器の演奏や大きな声での会話は、騒音と感じる人が多いです。

しかし、中にはエアコンを起動させた時の音や、洗濯機の音などの生活音でも、騒音として感じる人もいらっしゃいます。
自分にとっては気にならない音でも、気になる方がいるということを理解しておき、新築の段階で防音対策を施しておくことがおすすめです。

続いて、騒音には種類があることをご紹介します。

1つ目が空気伝播音です。
これは、犬の鳴き声や救急車のサイレンなどで、日常生活と切り離せません。

2つ目が固体伝播音です。
地面や床、壁を伝わる音のことを指し、水回りの音や足音、ピアノの音などです。

3つ目が上記の2つが混ざった混合音です。
工事現場の音や大型トラックが通る音など、直接耳に届き、かつ壁や床を伝って響きます。

これらの音の種類をしっかりと把握し、適切な防音対策を施すことが大切です。

 

□室内の生活音の遮音対策のために検討すべきことについて

続いて、室内の生活音を漏らさず、プライバシーを守るためにできることをご紹介します。

1つ目が床や壁、天井を二重構造にすることです。
これにより、先述したような固体伝播音の影響を受けたり与えたりする可能性が低くなります。
例えば、床の二重構造であれば、コンクリートに直接床を張らずに空間を作り、そこに床板を張ります。
こうすることで、床下への音や振動の伝播が減り、遮音性が高まります。

2つ目が排水管に防音材を巻くことです。
これは、特に上階の排水管の流水音を軽減させるために効果的です。
遮音シートなどを用いて排水管や配管スペースに遮音対策を施すことをおすすめします。

3つ目が仕切りの下地に防音材を埋め込むことです。
遮音対策として、仕切りの下地に防音材を埋め込むという方法もあります。
壁の場合であれば、遮音シートや遮音パネルなどを仕切りの下地に埋め込むことで遮音対策になります。
この方法であれば、生活音を遮断するだけでなく、断熱効果も期待でき、結露対策にもなります。

 

□まとめ

この記事では、家づくりにおける防音対策の重要性と、生活音を漏らさないためにできる工夫をご紹介しました。
家は、プライベートな空間なので、気兼ねなくくつろげるように、しっかりと防音対策を行いましょう。
家づくりをご検討中の方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.