NEWS

気密性の高いマイホームの良さってどんなところ?

「高気密住宅」という言葉をよく耳にすることがあると思います。
実は、気密性の高い住宅に設計することでのメリットはたくさんあります。
そこで、今回は「気密性の高い家のメリット」と気密性の高い「WB HOUSE」をご紹介します。

 

□気密性の高い家のメリットを解説します

気密性の高い家だと、室内に空気を溜め込めるため、寒い冬の季節でも暖房を少しの間つけておくだけで、充分に室内を暖かくできます。
そのため、暖かい空気が保温されます。
暖房が常時必要な冬の季節でも、気密性の高い家なら、暖房をフルで動かす必要がないため、電気代を節約できます。

また、室内が暖かくてもトイレや廊下は温度が低いため、温度差が大きくなってしまうと思うかもしれませんが、気密性の高い家は、隙間風を入れにくくするため、室内との温度差を和らげられます。

これらの理由から、血管が寒さで収縮して血圧が一気に上がり、心筋梗塞を引き起こしたりする症状の「ヒートショック」のリスクも軽減できます。

さらに、気密性の高い家は、空気中から伝わってくる音を遮断(しゃだん)する遮音性能があるため、騒音を防げます。

 

□当社の気密性の高い「WB HOUSE」を紹介します

当社の「深呼吸したくなる家:WB HOUSE」とは壁の中の通気性と気密性、断熱性を取り入れた家のことです。

壁の中の通気性とは、壁の中を空気が流れていくことです。
これにより、湿気や熱気も屋外へ出ていくため、空気がこもることはありません。

また通常では湿気で木材が劣化してしまい、修理が必要になることもありますが、当社が推奨するWB HOUSEの家は壁の中を通気する事により木材の劣化を抑える事ができます。

よって、いつまでも丈夫な家を保つことができます。

また、当社は形状記憶合金で通気口からの冷気を遮断できます。
気温が低下すると通気口は自動的に閉じることから冷たい空気が入ってくるという問題を防ぎます。
空気の流れを抑え熱を逃げにくくするため、もちろん断熱性も上がります。

当社の「呼吸したくなる家」ではどの季節も快適に過ごすことができます。

 

□まとめ

今回は「気密性の高い家のメリット」と当社の気密性の高い「呼吸したくなる家」をご紹介しました。
何十年先も快適なマイホームに住み続けるためには、気密性の高い家づくりをおすすめします。
当社の「呼吸したくなる家」は外気を防ぐだけではなく、木材も劣化しない安全な造りです。
もし、「呼吸したくなる家」に興味を持っていただけた方はぜひお気軽にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.