NEWS

新築のマイホームでも結露するの?結露してしまう原因と対策を紹介します!

「新築住宅なのに結露してしまった」
「結露を防ぐための対策を知りたい」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。
このようなことを防ぐために今回は、結露ができる原因と家づくりの段階でできる対策をご紹介します。

 

□結露ができる原因を解説します

「新築住宅でも結露は発生するのか」と疑問を持たれる方も多いですが、新築住宅でも結露は発生します。

しかし、全ての新築住宅が結露するわけではありません。
結露するのには理由があります。

結露は、外の温度と室内の温度との差が大きいほど発生しやすくなります。
冬は1番結露が発生しやすい季節といえます。
なぜなら、屋外気温がとても低く、室温は暖められて温度が高くなるため、温度差が大きくなるからです。

また、温度差以外の問題の1つとして、環境が原因で結露が発生することもあります。

1つ目は湿度が高いことです。
室内の湿度が高いとカビが生え、同時に結露も発生しやすくなります。
冬になると加湿器をつけるご家庭も増えると思いますが、湿度が高くなる原因にもなりますのでこまめな換気を心がけましょう。

2つ目は通気性が悪いことです。
近年では、高気密高断熱を取り入れた新築住宅が増えています。
これにより、通気性が悪くなり結露が発生する原因になるので、設置されている換気機器はできるだけ給気口を閉じないこと、電源をオフにしないことをおすすめします。

3つ目は換気をしていないことです。
「窓ならいつも換気しているけど」と思う方も多いと思いますが、窓だけではなく、室内の換気にも目を配ることが必要です。
換気を忘れがちなクローゼットや押し入れなどは特にカビが生えやすいため、こまめの換気が大切です。

 

□家づくりの段階でできる対策を紹介します

新築住宅での結露を防ぐために大切なことは、新築住宅を検討する際に、材料選びにも気を配ることです。

例えば、樹脂サッシにすると良いでしょう。
サッシとは窓枠として用いる建材のことです。
アルミサッシだと熱伝導率が高く、外気温を室内に伝えてしまい、結露が発生しやすくなる一方、樹脂サッシは断熱性が高いため結露が発生しにくくなることが期待されます。

また、二重窓にすることも対策になります。
二重窓にすることにより、外気温が室内に伝わりにくくなり、結露を防げます。

 

□まとめ

この記事では結露してしまう原因と対策をご紹介しました。
新築マイホームを結露させたくないとお考えの方に、本記事でご紹介した対策を少しでも活用していただけたら幸いです。
何か不安な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.