NEWS

マイホームを建てる方必見!耐震性について知ることで地震に備えた家づくりを!

マイホームを建てるときに必ず注目するべきことの1つである「耐震性」。
もしものときに備えて、耐震性の高い住宅を選ぶ必要があります。
そこで、今回は「耐震基準を測る際のポイント」と「当社の安全の耐震性」についてご紹介します。

 

□耐震基準を測る際のポイントを解説します

まず、耐震性を測る基準として4つのポイントがあります。

1つ目は、建物は軽いほうが耐震性に優れていることです。
屋根が重いと重心が高くなり、地震の揺れも大きくなります。
これは、人間が頭の上に重い荷物を持って歩くより、軽い荷物を持って歩いたときの方が安定して歩くことができるのと同じ原理です。

もし、耐震性に強い造りにしたい場合は屋根をできるだけ軽くしましょう。
屋根を設計する際には、軽いガルバリウム鋼板屋根を使用するだけで耐震性を高められます。

2つ目は、耐力壁が多いほうが良いことです。
耐力壁は普通の壁とは異なり、筋交いや構造用面材などを入れて強度を高めてあり、建物を支える役割をもっています。

3つ目は、耐力壁をバランスよく配置することです。
もし、耐力壁の量が十分でも、その他の部分が耐震性のある造りになっていなかったとしたら、地震が起きたときに耐震性のない箇所は破損してしまいます。

そのようなことを防ぐために、耐力壁や耐震金物を設置する際は、バランスよく配置することが重要です。

4つ目は床の耐震性能についてもしっかり検討することです。
地震の揺れに耐えるうえで、必要となるのは耐力壁ですが、そこにつながっている床の耐震性にも注意が必要です。
床と壁がつながっていることから、もし床の耐震性が低い場合は床が壊れてしまう場合があり、つながっている耐震壁にも破損の影響がでてしまう可能性があります。

このことを踏まえ、床の強さや工法などを確認する必要があります。

 

□当社の安全の耐震性について紹介します

当社は、在来工法と2×4工法をいいとこ取りした独自のJSF工法です。
建物の長期耐震性、耐久性を確保しており、耐震等級3相当のしっかりした安全な造りです。

2×4(ツーバイフォー)工法では、断面が2インチ×4インチの角材を基準部材として使用します。
2×4工法は壁パネル自体が耐震性を高める素材なので、この工法を取り入れることで簡単に耐震性を向上させられます。

また、当社は品質も大切にしていることから、柱は厳しい基準をクリアした天然素材だけを使用しています。

 

□まとめ

地震大国である日本で、建てる新築住宅。
もしものときを考慮して、耐震性の高いマイホームを建てることはとても大切なことです。

ぜひ当社独自の工法や自然素材を活かした耐震性の高いマイホームにしませんか。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.