NEWS

マイホームをご検討中の方へ!間取りを決めるときトイレの位置は意識していますか?

新しいマイホームを検討している方で、トイレの位置に迷われている方も多いのではないでしょうか。
トイレはどのような位置にあるのが使いやすいのでしょうか。
この記事では、使いやすいトイレの位置や場所別のメリット・デメリットを紹介します。

 

□使いやすいトイレの位置とは?

使いやすいトイレを考える上で、最初に確認するのが家族の「動線」です。
リビングや寝室から、帰宅時にもスムーズにトイレに行けるような位置が使いやすいと言えるでしょう。
普段長い時間過ごしている場所からトイレに行く間に階段を作らないことも重要です。
寝室からトイレまでの位置に階段があると、寝ぼけて落ちてしまうことがあるかもしれません。

また、脱衣所や洗面所を通って出入りするトイレの場合、何人かの動線が被ってしまって不便です。
廊下から出入りできる位置に設置する方がスムーズに出入りできるでしょう。

環境についても考慮が必要です。
狭すぎると圧迫感があって落ち着けないため、目安として一畳以上の面積を確保すると良いでしょう。
リビングや玄関ホールに設置する場合は、中が見えないように工夫が必要です。
音や臭いの対策もした方が良いでしょう。

 

□場所別のメリット・デメリットを紹介します!

玄関近くに設置した時のメリットは、「来客の方が使いやすい」「外出時や帰宅時に使いやすい」などです。
デメリットは、「風水的に良くない」「臭い対策が必要」などです。

洗面所近くに設置した時のメリットは、「リビングから音や臭いが気にならない」「お風呂からの移動がしやすい」「トイレに手洗い器をおく必要がない」などです。
デメリットは、「誰かがお風呂使用中にトイレが使いづらい」「来客の方がトイレを使うときに洗面所を見られる」などです。

リビング近くに設置した時のメリットは、「子どもとトイレに行きやすい」「高齢者が使いやすい」などです。
デメリットは、「音や臭いの対策が必要」「ドアを開けると中が見えてしまう」などです。

二階にトイレを設置した時のメリットは、「一階のトイレが使えない時に二階を使える」「小さな子どもがいる時に、夜中のトイレが楽になる」などです。
デメリットは、「建築費用が高い」「掃除の手間が増える」などです。

 

□まとめ

今回は使いやすいトイレの位置や場所別のメリット・デメリットを紹介しました。
家庭によって、使いやすいトイレの位置は違ってきます。
ご自身のライフスタイルに合った位置に設置してください。
何か分からないことや不安があれば、ぜひ当社にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.