NEWS

新築がボロボロになる?愛犬と暮らす家づくりの注意点をご紹介します!

新築を立てる際に、犬を買おうと考えている方も多いのではないでしょうか。
犬がいたずらをして、新居がボロボロになってしまうのではないかと心配する声もよく聞きます。
そうならないためには、犬の習性を理解し、対策することが必要です。
この記事では、気を付けたい犬の習性と愛犬家住宅の魅力について紹介します。

 

□気を付けたい犬の習性を紹介します!

気を付けたいことは、家具とフローリングです。

ものを噛むことが犬の習性であるため、ソファなどの家具を噛んで傷つけてしまうことがよくあります。
特に子どもの犬の場合、歯の生え替わり時期に手当たり次第にものを噛んでしまいます。
犬が何かを噛むときは、必ず理由があるため、原因を探って対策しましょう。
しつけ時に、頭ごなしに叱るのは「構ってくれている」と勘違いするため、大きな音を出したり、無視したりする方が効果的と言われています。

フローリングも犬の爪によって傷ついてしまいます。
爪が伸びたままフローリングの上を歩くと、床が傷つくだけでなく、滑って犬の足腰の負担にもなってしまいます。
家と犬のためにも定期的に爪は切るようにした方が良いでしょう。
また、カーペットを敷いたり、ペットに対応している床材にしたりするなどの対策もできます。

 

□愛犬家住宅とは?魅力を紹介します!

家の中で愛犬と一緒に暮らすというスタイルも一般化してきました。
そこで愛犬と住むために建てられた家が愛犬家住宅です。

愛犬家住宅とは、ペットを含めた家族全員のための住みやすい家のことです。
では、ペットが住みやすい家とはどのような家でしょうか。
人が住みやすい家がペットにとって住みやすい家とは限りません。

ペットと言っても、性格や習性は一匹一匹それぞれ異なるため、愛犬の特性を見極めることが大切です。
愛犬目線になって考えてみることで、家族全員が住みやすい快適な暮らしが見えてくるかもしれません。
愛犬の「育て方」と愛犬との「住まい方」の両方から住まいを考える専門家である愛犬コーディネーターがしっかりサポートします。
「ドッグライフ」と「建築」の両面を考慮した、人にとっても、ペットにとっても最適な家造りをご提案します。

 

□まとめ

今回は気をつけたい犬の習性と愛犬家住宅の魅力を紹介しました。
家族一人一人の要望を考慮し、大切な家族全員が住みやすい理想の家造りをご提案します。
愛犬家住宅について詳しく知りたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.