NEWS

家づくりにも風水を取り入れたい!実践しやすい方法をご紹介します!

「家づくりに風水を取り入れたい」
「取り入れやすい風水のアイデアについて知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□家づくりにおける風水の考え方について

皆さんは、風水の考え方についてご存じでしょうか。
風水と家にはどのような関係があるのでしょうか。

風水には2つの考え方があります。
1つ目は、巒頭(らんとう)法です。
2つ目は、理気法です。

前者は、土地などの周りの環境を重視する考え方です。
後者は、気の流れを重視する考え方です。

空気の流れと置き換えてみると、イメージしやすいのではないでしょうか。
風水においては、目には見えない陰陽の気が、日常の中に張り巡らされていると考えられているため、換気の効率や玄関の広さを意識することがポイントとなります。
風水を意識しすぎるあまり、快適な生活を送れない家を建ててしまうと、本末転倒ですよね。
最も大事なことは、心地よいと思える家をつくることです。

そのため、風水を取り入れる場合には、暮らしが不便にならない範囲で考えることが大切です。

以上が、風水の考え方についてでした。

 

□取り入れやすい風水のアイデアについて

ここまで、風水の考え方についてご紹介しました。
続いては、取り入れやすい風水のアイデアについてご紹介します。

1つ目は、凹凸のある間取りを避けることです。
一般的にどの方位であっても、凹凸は良くないとされています。

2つ目は、換気と植物について考えることです。
風水の考え方で、観葉植物や換気によって家の気の流れを良くしていくというものがあります。
換気をしないと湿気がたまりますし、体調にも悪影響を及ぼしますよね。

観葉植物があると、部屋が明るくなりますよね。
また、光合成によって新鮮な酸素が部屋に回りますよね。
そのため、観葉植物は、「悪い気を吸って良い気を出す」といわれています。

3つ目は、部屋によって、適した方位と適していない方位があることです。
風水においては、吉方位、凶方位として、各部屋の特性を表しています。

以上が、取り入れやすいアイデアについてでした。

 

□まとめ

今回は、家づくりをお考えの方に向けて、風水について解説しました。
風水と家の関係について、また、取り入れられるアイデアについて理解が深まったでしょう。
今回の情報を活用し、家づくりをしてみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.