NEWS

和室は家づくりにおいて必要?和室の理想的な使い方や必要性について紹介します!

家づくりの中で、和室を設けるかどうか迷われている方も多くいらっしゃるでしょう。
和室でなければ困るというケースは、現代の日本ではあまりないかもしれませんが、多くの方が最後まで和室をどうするか悩むといいます。
そこで今回の記事では、和室の理想的な使い方や必要性について紹介します。

 

□和室の理想的な使い方とは?

和室を設けたとしても、使わなければ無駄なスペースになってしまいます。
ここでは、和室の理想的な使い方を3つ紹介します。

1つ目は、育児や子どもの遊び場です。
和室といえば「畳」ですが、木材と比較すると柔らかく、転がったり走り回ったりする子供にとって、危険も少なく遊べるスペースです。

リビングの横に和室を作れば、子供を見守りながら家事ができます。
赤ちゃんを育てている場合は、ハイハイや寝返りの練習スペースとしても活用できるでしょう。

2つ目は、座りながらの家事スペースです。
例えば、洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたりと、座りながら家事をすることも多いでしょう。
その中で、和室では畳の上でリラックスしながら家事ができます。
足を休めながら家事に取り組めるため、小さな和室でも便利に活用できるでしょう。

3つ目は、ワーキングスペースです。
新型コロナウイルスが蔓延する中で、自宅で仕事をする機会が増えたという方も多くいらっしゃるでしょう。
自宅に仕事部屋がない場合でも、和室に机と椅子を設置すれば、リラックスしながら仕事ができます。
収納スペースがあれば、本や資料を置いて書斎としても活用できるでしょう。

 

□家づくりで本当に和室は必要?

和室は必要ないと考える方も多いでしょうが、同じスペースで部屋を用意する場合、和室を設けることをオススメします。
先述した通り、和室は様々な使い方ができるため、普通の部屋よりも用途は広いと言えるでしょう。

そのほかの使い方として、来客時の宿泊スペースにもなります。
フローリングの床の上に布団を敷く場合、マットレスをたくさん重ねた上に布団を敷かなければ、固すぎて寝心地が悪く感じる可能性があります。

また、寝具を収納するスペースがなければ、用意することも難しいでしょう。
寝室としての機能として十分でありながら、時間帯によっては別の用途で使えるため、同じスペースでも確実な用途が決まっていない場合、和室にした方が有効に使える可能性は高いと言えます。
収納スペースの確保にもなるため、ぜひ和室を設けることを検討されると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、和室の理想的な使い方や必要性について紹介しました。
様々な使い方ができるため、和室はオススメできる間取りです。
また当社では、お客様が毎日をより楽しく豊かな生活をおくるためのお手伝いをしています。
家づくりでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.