NEWS

マイホームを建てるための相場はどのくらい?建物の予算別のプランも併せて紹介します!

建物を建てるためにどの程度お金を用意すればよいかは難しい問題です。
自分の理想の設計を実現するにはいくらお金が必要か心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はマイホームを建てる際の予算の相場と予算ごとのプランを紹介します。

 

□マイホームにかける予算の相場

家を建てる前にまず考えるべきことは予算です。
予算決めは、年収や手元にあるお金からそれぞれのご家庭に合わせて判断すべきですが、マイホームにかける予算の相場を目安として紹介します。

まずは土地は既に確保していて、建物のみの予算を考える場合について解説します。
家を建てる際は、ローンの諸費用や火災保険料など他にも予算を費やすべきものがあるので、建物にかけられるお金は全体の予算の80パーセント程度を考えておきましょう。
つまり、予算が3000万円の場合は2400万円前後が家に費やすお金の目安となります。
住宅金融支援機構の2021年度の調査によると、建物の予算の平均は、全国平均は約3500万円、首都圏で約3800万円という結果でした。

次に、土地と建物の両方を予算から購入する場合を解説します。
土地がまだない場合は、土地選びから家づくりが始まります。
前述した諸費用はあまり変えることができないので、建物に費やすお金を削って土地を購入することになります。
こちらは先ほどの調査によると、土地と建物のごうけ予算の平均は、全国平均は約5000万円、首都圏で約4500万円という結果でした。

 

□マイホームの予算ごとでのプラン

ここでは、建物にかける予算別にどのようなプランになるかを2000万円以下、3000万円、4000万円以上の3つに分けて解説します。
目安ですが解説します。

 

*2000万円以下

予算は少なめで、多少機能や間取りをこだわれなくてもマイホームに住みたいという方向けのプランです。
2000万円以下では、欲しいと思った設備を全て導入するのは難しいので、こだわるポイントを1か所か2か所に決めておきましょう。
複雑な間取りの家づくりも難しいので、シンプルな構造の家になります。

 

*3000万円台

スタンダードな予算で、大体は自分の思うような家にできます。
ホームページやブログに載っているようなおしゃれな家の間取りも、3000万円の予算があれば実現できることが多いです。
素材や設備の選定もある程度は値段の高いものを取り入れることもできます。

 

*4000万円以上

予算が潤沢にある場合は、広い中庭や複雑な間取りなどほとんど自由に家の内観・外観を決められます。
多少難しい設計の住まいでも予算があれば解決する場合もあるので、使えるお金が多い分細かい使い道をしっかり施工業者と相談しましょう。

 

□まとめ

今回は、予算の全国平均や予算別にできることを紹介しました。
予算決めは難しい問題ですが、自分の理想とするマイホームのプランがある場合は、お金を貯めてから建ててみてもよいかもしれませんね。
家づくりでお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.