NEWS

家づくりで予算はどれくらい必要?全国平均と合わせて予算の決め方を解説します!

家づくりを考えた際に、真っ先に出てくるのがお金の問題です。
土地や建物にどれくらいのお金を使うべきか、みんなはいくらで家を建てているのか、不安も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、家づくりでの予算の平均と予算の立て方を解説します。

 

□家づくりにかかる費用の目安

最初に言っておくべき注意点として、家づくりにかかる費用は経済状況や年収によって決めるものですので、無理に平均値に近づける必要は全くありません。
目安程度に考えましょう。

住宅金融支援機構の「2019年度フラット35利用者調査」によると、土地とマイホームにかけるお金の平均額は、首都圏で約5000万円、その他の地域では4000〜4500万円程度です。
その内土地の費用は、首都圏で約2200万円、その他では900〜1600万円程度です。
土地の費用と言っても、土地本体の値段ではなく諸経費も含めたものです。
具体的には、印紙代や不動産会社への仲介手数料も合わせたものですので注意してください。

また、土地と建物の費用以外にもその他諸費用が必要になります。
ローンの手数料や火災保険料などの住宅ローン関係に不動産価格の5パーセントほどかかります。
固定資産税や不動産取得税など各種税金もかかるので、土地や建物を購入する際はある程度余裕を持って選びましょう。

 

□マイホームの予算の立て方

憧れのマイホームには、やはり多額の資金が必要で、ほしい設備や立地の条件などを考えていると想像以上のお金が必要だというケースもあります。
家づくりを考えた時は、まずどれだけお金を用意できるか予算の条件を先に決めましょう。
具体的には、毎月の返済額と生活費がどれだけ残るかを計算してローンを組むことをおすすめします。

返済額は、年収に対する割合で決めましょう。
年収の30~35パーセントの返済額までがローンの審査基準になることが多いです。
毎月払わなければならなく、日々のお金の使い方を大きく左右するので、無理のない範囲のローンにしましょう。

生活費は、ローンを組む前後でもあまり大きく減らすことはできません。
子どもが生まれて生活費の割合が増えることもよくあるので、将来をしっかり見据えて計算しましょう。

 

□まとめ

予算の平均をご紹介しましたがあくまでも目安ですので、一番に考えるべきは家庭の経済状況です。
しっかり計画を立てて、無理のない返済で安心してマイホーム生活を送れるようにしましょう。
家づくりでお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.