NEWS

夏でも涼しい家の構造とは?家づくりにおけるポイントを解説します!

夏の暑い時期は、クーラーをつけっぱなしにして電気代がかさみがちで、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。
クーラーを抑えて夏を乗り越えるには、涼しい家の構造にしておくのが効果的です。
そこで今回は、家が暑くなりやすい原因と涼しい家にするためのポイントを解説します。

 

□夏に家が暑くなる部分ごとの原因

 

*日光

夏に部屋が暑くなる大きな原因が、窓から入ってくる直射日光です。
気持ちいい日差しや外の景色を楽しもうと大きな窓にしたはいいものの、夏に暑くて過ごしにくいリビングになってしまうかもしれません。
カーテンで対策するのはもちろん、方位や太陽光の角度からもどれくらい日光が当たるかを考えてから窓の配置を考えましょう。

 

*換気

日本の夏は湿度が高く、蒸し暑いのが特徴です。
湿気の対策をしていないと、エアコンの電気代もより高くなってしまいます。
室内の湿気には換気が効果的な対策ですので、空気が流れやすい間取りや家の構造になるよう設計しましょう。

 

*室内の家電やキッチン設備

外の気温に限らず、室内にも熱を発生する原因はたくさんあります。
特に部屋を暑くしやすいのが、電子機器やキッチンです。
パソコンやテレビのような電子機器は熱をどんどん放出するので、使っていない時はなるべく電源を落としましょう。
キッチンは料理の際に、どうしても熱くなってしまい、間取りによってはリビングに熱が流れてくるという場合もあります。

 

□涼しい家にするためのポイント

夏でも快適な過ごしやすい家にするためのポイントは、断熱性と気密性です。

断熱性能は、外の熱気が入ってこないようにするために必須の対策です。
特に、壁や床下、屋根など家の外側の部分の断熱性能にはこだわっておくことをおすすめします。
断熱材をしっかり入れたり、窓を2重にするといった設計にするのが一般的な対策です。
また、断熱性は夏の暑さ対策になるだけでなく冬の寒さ対策にもなるので、家づくりの際は施工業者とよく相談しておきましょう。

気密性能も同様に暑さ対策に重要な働きをします。
部屋に暑い空気が入りにくくなり、また冬にも寒い空気が入り込みにくくなります。
断熱性と気密性、2つの暑さ対策を同時に盛り込むことで更なる効果が期待できます。
夏と冬の厳しい時期での一石二鳥の対策となり、一年を通した電気代の節約にもなるでしょう。

 

□まとめ

家の暑さ対策では、断熱性と気密性を重視しましょう。
工事費用が高くなったとしても、光熱費が軽くなることを考えれば長期間に見れば高い買い物ではありません。
暑さ対策にこだわった家づくりをご検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.