NEWS

ペットと暮らす家づくりのポイントとは? 実例も合わせて紹介します!

ペットと暮らしやすい家づくりに興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
家を建てるなら、人間はもちろんペットも安心して過ごせるようにしたいですよね。
そこで今回は、ペットと暮らす家の間取りのための実例を解説します。

 

□ペットと暮らす家づくりの注意点

ペットが安全に過ごせるようにするための4つのポイントを解説します。

1つ目は、床材選びです。
ペットの肉球にとって、ツルツルした床は滑りやすく足腰への負担が大きいです。
コルク材やクッションフロアを選ぶことで、ペットにとっても歩きやすい床になります。

2つ目は、間取りの工夫です。
キッチンはペットが入ってきやすいですが、火や刃物があるので大変危険です。
進入を防ぐための柵を設けるなどしましょう。
また、階段の段差を低めにするといった工夫もあります。

3つ目は、設備の工夫です。
浴室のように、ペットが入ると危険な場所や荒らされたくない部屋のドアは内開きにすることをおすすめします。
内開きのドアにして出入りの度に必ず閉めるようにすれば、間違って入ってしまう心配はありません。
他にも、コンセントには高い位置に設置したり、カバーを付けるなどしましょう。

4つ目は、家におく植物です。
食用や観賞用の植物の中には、人間には無毒でも犬にとって有毒なものもあります。
植物を家に置く際は、必ずペットにとって毒があるかをあらかじめ調べましょう。

 

□ペットと暮らす間取りのポイント

マイホームでペットと過ごすことをお考えなら、家の設計のときから配慮しておくことをおすすめします。
ここでは、ペットと暮らしやすい間取りを犬と猫の2つに分けて紹介します。

 

*犬と暮らす

犬は体を動かして遊ぶのが大好きです。
お散歩に行った帰りでもまだ遊び足りないという場合、そのエネルギーを発散する場所が必要です。
家の間取りを工夫したり、広い庭にすることで家でも思いっきり遊べるようになるでしょう。
また、犬は狭い空間の方が落ち着きやすいので、室内にも家族と過ごしながらでも落ち着けるペットスペースを確保しましょう。

 

*猫と暮らす

猫は犬と同様狭い場所が好きですが、他にも高い場合も好む傾向にあります。
また、日向ぼっこのための明るい窓辺があるとリラックスできます。
爪とぎの対策も、爪とぎ柱を用意したり壁や柱をあまり高いものを選ばないなどの工夫で解決しましょう。

 

□まとめ

家づくりの際は、人間だけでなくペットがくつろげる安全な間取り・設計を意識しましょう。
ペットにも配慮したマイホーム、経験豊富な施工業者に依頼するのがおすすめです。
ペットと一緒に暮らせる家づくりをご検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.