NEWS

シックハウス症候群の原因と対策とは?新築を建てる際の対策も紹介します!

新しく建てたマイホームに住み始めたけど、家にいると頭痛がする、目がかゆくなるといった症状が表れる場合があります。
そういった、新築住宅で起こりうる「シックハウス症候群」はせっかくのマイホームへの満足度を大きく下げてしまいます。
そこで今回は、シックハウス症候群の原因と対策を解説します。

 

□シックハウス症候群の原因とは

シックハウス症候群とは、人体に有害な物質が体に取り込まれることで引き起こされるアレルギー反応です。
原因となる有害物質は様々ですが、種類や対策から「化学物質」「ダニやカビ」の2つに分けて解説します。

 

*化学物質

家づくりに使われる化学物質がシックハウス症候群の大きな原因です。
接着剤や塗料などに含まれる化学物質が気化し、空気中に漂ったものを吸い込むことでシックハウス症候群を引き起こします。
家づくりに使用できる化学物質の種類や量は厚生労働省により細かく指定されていますが、それでもシックハウス症候群を発症するという人もいます。

 

*ダニやカビ

ダニの死骸やカビもシックハウス症候群の原因となる場合があります。
これらは、湿度が高かったり空気の流れが少ない環境で特に繫殖しやすいという特徴があります。
そのため、家の建材よりも間取りや湿度管理による対策が重要になります。

 

□家を建てるとき効果的なシックハウス症候群の対策

シックハウス症候群は家に住み始めてから発症するので、家を建てる際に対策を講じておくことが重要です。
家を建てる際にできる対策として、「原因物質を減らす」「換気をよくする」という2つを紹介します。

1つ目は、原因物質を減らすことです。
家の素材選びの段階で原因物質が少ないものを選択することで、シックハウス症候群のリスクはグッと抑えられます。
特におすすめなのが化学物質の少ない自然素材で、もう一つの対策である換気をよくする方法と合わせるとでさらなる効果が期待できます。
シックハウス症候群対策の素材選びの際は、まず施工業者に相談しておきましょう。

2つ目は、換気をよくすることです。
部屋の風の流れが悪いと、原因物質が室内にこもります。
家の間取り決めの段階から、空気がしっかり循環する構造を意識しましょう。
こちらも素材選び同様、施工業者としっかり話し合うことをおすすめします。

 

□まとめ

シックハウス症候群は、素材選びと家の間取りにこだわることが特に効果的な対策です。
素材や間取りについて考える場合は、経験豊富な施工業者に相談するのがおすすめです。
シックハウス症候群を引き起こしにくい家づくりをご検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.