NEWS

家づくりのコストカットは場所選びが重要です!安くマイホームを建てるコツをご紹介!

マイホームを建てる際に、ほとんどの場合は、コストカットして工夫しようとするでしょう。
ただ、無作為にコストカットしてしまうのはよくないことです。
今回は、家づくりでコストカットするところの決め方と、コストカットするときの注意点について説明します。

 

□家づくりでコストカットするところの決め方

新築を建てる際にコストカットするとしたら、家の大きさや間取りで工夫しようとする人が多いでしょう。
しかし、建物に対してコストカットを意識しすぎては、理想の住まいから少し離れてしまうかもしれません。
満足のいく家を建てるには、優先順位を決めることが重要になってきます。

人によって家のこだわりたい部分が変わってくるのは当然です。
広さにこだわりたいのか、設備にこだわりたいのか、間取りにこだわりたいのか、自分が一番優先してお金をかけたいところを決めましょう。

家の中でどのような部分にこだわりたいのかを決めることによって、自分にとって必要なものがしっかり揃った、コストパフォーマンスの良い家を作ることが可能です。
コストカットすることで、自分の理想の家から離れてしまわないのかを確認するようにしましょう。

 

□コストカットするときの注意点

1つ目は、ランニングコストを考慮することです。
ランニングコストとは、家の維持費のことを指します。
家を建てるときのコストをカットしても、家を建ててからの維持費が高ければ意味がありません。
家を建てる時点で、初期費用のコストカットだけでなく、維持費も確認しておくようにしましょう。

2つ目は、メンテナンス費用や修理費用のことも考慮することです。
家は年数が経つにつれて、必ず何かしらの不具合が出てきて、修理が必要となります。
コストカットするために、安い木材などを多く使ってしまうと、劣化するのが早くて結局修理にコストがかかってしまいます。
メンテナンスにも予想以上に費用がかかることもあるので、メンテナンス費用はあらかじめ確認しておきましょう。

3つ目は、無理なコストカットはしないことです。
無理なコストカットの例としては、「あまりに下げ幅の大きい無茶な値下げを要求する」といったことが挙げられます。
そのようなことをしてしまうと、工事を担当する会社との信頼関係がうまく構築できなくなってしまうかもしれません。

 

□まとめ

今回は、家づくりでコストカットするところの決め方と、コストカットするときの注意点を説明しました。
家づくりではコストカットしすぎないように工夫していきましょう。
うまくコストカットするやり方がわからないなどのお悩みがございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.