NEWS

自然素材を使った注文住宅とは?特徴や素材をご紹介します!

さまざまなメリットのある自然素材を使った家を作りたいと考える人は多いでしょう。
自然素材の家には多くのメリットがあります。
今回は、自然素材を使った注文住宅についてと、新築住宅でよく使われる自然素材を紹介します。

 

□自然素材を使った注文住宅とは

自然素材の家とは、無垢材や漆喰などの自然素材を積極的に用いた住宅のことを指します。
自然素材は、ホルムアルデヒドというシックハウス症候群やアレルギー反応を起こす化学物質を含まないので、特に注目されています。
また、自然素材は木材などをそのまま使うことで、色に自然なムラがあったりなど、風合いや色合いが楽しめます。
湿度の調節をしてくれるところも、自然素材のいいところです。

自然素材には、化学物質を含まないこと以外にも、家族の暮らしを豊かにするためにプラスに働く特性があります。
例えば、無垢材は衝撃を吸収する力が優れているため、育ち盛りの子供がいる家庭で用いると安心です。
また、反響音を吸収して音環境を快適にしてくれる特性もあります。
漆喰の塗り壁の場合は、湿度が高ければ湿気を吸収し、湿度が低ければ湿気を放出して、快適な空気環境を作ってくれます。

 

□新築住宅でよく使われる自然素材

1つ目は、無垢材です。
一枚板の無垢材は、フローリングやキッチンカウンター、壁や天井など多くの場所で使われます。
自然素材なので一枚ごとに木目が異なり、高級感があります。
木目が違うことで、ナチュラルなテイストからモダンテイストまで、幅広くデザインに合わせることが可能です。

2つ目は、漆喰(しっくい)です。
消石灰を原料とする漆喰は主に天井や壁の仕上げに使われます。
漆喰は日本で古くから使われており、ビニールクロスでは感じられないなめらかな質が特徴です。
消臭や調湿の機能もあるため、リビングや寝室で使うと良いでしょう。

3つ目は、石材やタイルです。
天然石やタイルは高級感があり、壁や床にアクセントをつけるのに使うことが可能です。
厳密には、タイルは加工品ですが、化学繊維の発散が少ないので自然素材と同じような健康生活につながります。

4つ目は、畳です。
い草から作られた畳も自然素材の一つです。
最近では、畳の部屋を作る機会が減ってはいますが、古さを感じさせないようなおしゃれな和室を作ることが可能です。

 

□まとめ

今回は、自然素材を使った注文住宅についてと、新築住宅でよく使われる自然素材を紹介しました。
自然素材の住宅への取り入れ方は様々です。
自然素材の活用で迷っている方は、ぜひお気軽に当社までご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.