NEWS

なるべくお金をかけずにマイホームを建てるには?安くするコツをご紹介します!

マイホームを建てるとき、なるべくお金をかけずにできる方法を考える人は多いでしょう。
ただ無作為に安くしては、後に面倒なことになる可能性があります。
今回は、マイホームを安くするコツとコストをカットするべきではない箇所を紹介します。

 

□マイホームを安くするコツ

1つ目は、施工面積を減らすことです。
施工面積とは床面積のことです。
家を小さく作れば低コストになることは予測がつくため、よく行われる方法でしょう。
ただ注意点として、図面ができてから床面積を減らすのではなく、可能であれば計画段階から検討しておくと良いでしょう。

計画を立ててから規模を縮小すると、構造もデザインもアンバランスな建物になってしまいます。
施工面積でコストカットする場合は、あらかじめ施工面積を減らしてから建築プランを立てましょう。

2つ目は、同じ面積ならば部分2階建てにするのでなく総2階立てにすることです。
1階の面積よりも2階の面積が小さい場合は部分2階建てと言います。
延床面積が同じである場合には、部分2階建ての方が、表面積が増えて複雑な形になるので、工事費が余分にかかります。

3つ目は、屋根の形をシンプルにして、勾配を緩くすることです。
屋根の形には様々な種類がありますが、一番低コストで済むのは、シンプルな片流れや切妻屋根です。
家は複雑なデザインほど材料を多く使用するので、屋根の形もシンプルにすることでコストカットできます。
また、屋根の勾配がきついことも、施工面積が増えるのでコストカットしたい場合には避けましょう。

4つ目は、部屋を少なくし、オープンな間取りにすることです。
広めの部屋を少なく設けるプランにすることで、開放的な住宅にすることが可能です。
そしてこのプランは、仕切り壁を作るためのコストが削減されるので、コストカットにもなります。

5つ目は、トイレを1つにすることです。
2階建ての場合、階ごとにそれぞれトイレを設置するのが一般的ではありますが、1つにすることで当然コストはカットできます。
寝室と同じ階に1つ作ると良いでしょう。

 

□予算を削らない方が良い箇所

1つ目は、水回りの整備です。
地元の業者に頼む方が安いかもしれないということで、配管工事を建築会社ではなく他社に依頼する例がありますが、結局は高くついてしまうことがほとんどです。
大事な配管工事は建築会社が手配する業者に任せた方が良いでしょう。

2つ目は、外構工事です。
外構工事には一般的に50〜100万円の費用がかかりますが、個々のコストをカットしてしまうと、防犯対策が不十分になってしまいます。
最低限のプライバシーの保護ができるようにしましょう。

3つ目は、地震対策装置です。
日本は地震大国です。
耐震性に劣る住宅では安心できません。
また、実際に地震が起こったときに修理費がかかってしまいます。
地震に備えた耐震性能はしっかり整備しておきましょう。

 

□まとめ

今回は、マイホームを安くするコツとコストをカットするべきではない箇所を紹介しました。
将来のことも考えながら、正しくコストカットしましょう。
住宅のことでお困りのことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.