NEWS

寒くなりやすいマイホームの特徴とは?家づくりでの寒さ対策のポイントを紹介!

一戸建てに住むと悩みなのが、家が寒くなりやすいことである人は多いでしょう。
しっかりその原因を把握して改善点も知っておくことが大切です。
今回は、一戸建てが寒くなる原因と、吹き抜けリビングの寒さを改善する方法を紹介します。

 

□一戸建てが寒くなる原因

1つ目は、建物の構造です。
一般的に一戸建て住宅の構造は木造です。
一方で、マンションは鉄筋コンクリート造です。
木造と鉄筋コンクリート造を比べると、断熱性や気密性は圧倒的に鉄筋コンクリートの方が優れています。

木造の一戸建ての場合、建てたばかりの頃は寒さが問題になることはないでしょう。
しかし、木材は年数を重ねるにつれて反りが生じて隙間ができてしまいます。
そのことによって、隙間から風が入るようになり、冬場は暖房で暖めても、寒い外気が入ってきてしまうのです。

2つ目は、間取りです。
近年では、注文住宅で間取りにこだわる人も増えてきています。
こだわりの中で、吹き抜けのリビングにしたり、リビング階段を作ったり、解放感のある間取りにする人が多くいます。
しかし、解放感のある間取りは暖房効果が薄れる原因となります。
暖められた空気というのは上に溜まるものなので、暖房で室内を暖めても、吹き抜けだと全て上の階に暖かい空気が行ってしまい、1階は寒くなってしまいます。

 

□吹き抜けリビングでできる寒さ対策

1つ目は、断熱性と気密性の高い家にすることです。
家を建てる際には、壁を厚くしたり、断熱性の高い木材を利用することが可能です。
例えば、北海道の家は断熱性が優れていますが、さらに断熱性を上げるための工夫ができることもあります。

2つ目は、吹き抜けの上の階にある窓の断熱性を上げることです。
吹き抜けの間取りの場合、吹き抜けの上の階にある窓に触れることで、冷えた空気が下に降りて室内の温度を下げてしまう、コールドドラフト現象というものがあります。
上の階にある窓の断熱性を上げることでこの現象が発生するのを防ぎましょう。

3つ目は、暖かい空気を循環させることです。
暖房で暖められた空気は、上の方に行きます。
天井にシーリングファンをつけることで、上に行ってしまった空気を循環させることが可能です。

 

□まとめ

今回は、一戸建てが寒くなる原因と、吹き抜けリビングの寒さを改善する方法を紹介しました。
一戸建てでもうまく設備を整えることで、寒さを軽減することは可能です。
当社では希望に沿って見積もりいたしますので、お気軽にお問合せください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.