NEWS

マイホームを建てるための値段はいくら?家づくりにかかるお金の目安を紹介します!

家を建てる際に、どのくらいを予算にするべきなのか悩む人は多いでしょう。
もちろん安く済むことを望むけれど、ある程度は希望の通った家にしたいという方が大半でしょう。
今回は、予算の設定の際に参考になるマイホームの値段の目安と、マイホームを建ててからかかる維持費を紹介します。

 

□マイホームの価格目安

住宅金融支援機構の調査によると、土地付き注文住宅の建設費の全国平均は建設費が2777.5万円で、土地取得費が1335.1万円です。
住宅ローンを利用する場合には、予算の目安として、年収の5〜6倍程度が良いでしょう。
自己資金の有無や、家族構成によって使える予算は変わってきます。

また、マイホームを建てる際の費用の内訳は、土地購入費、建物建設費、諸費用の3つです。
マイホーム費用を考えるときは、まず、年収や貯金額を考慮して総予算を決めましょう。
次に、土地、建物にかける費用の配分を決めます。
最後に、諸費用に必要となる現金をあらかじめ確保していきましょう。

全体の予算が決まっていることによって、条件の良い土地を見つけたときに即決できるので、最初に総予算を決めることは大切です。
諸費用というのは、引越しにかかる費用や、建築契約にかかる費用などを指します。
一般的に、諸費用は物件価格の1割程度と考えます。
現金で必要となるのであらかじめ確保しておくのが良いでしょう。

 

□マイホームの維持費用

一戸建てを購入した後は、維持費用が必要となります。
具体的には、物件のメンテナンス費用、毎年納める必要のある固定資産税と都市計画税です。
固定資産税と都市計画税は、納税通知書が4月に送られてきて、一括で納税するか、分割で納税するか選べます。
新築の場合、納税額が軽減されることもありますので購入時に確認しておきましょう。

メンテナンス費用は、外壁や屋根の補修をしたり、水回りやエアコンなどの設備更新を、築10年を目処にするときにかかります。
一戸建ての場合は修繕費を自分で管理しなくてはいけないので、計画的に積み立てておくと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、予算の設定の際に参考になるマイホームの価格目安と、マイホームを建ててからかかる維持費を紹介しました。
あらかじめどこにお金をかけるのかを明確にして、理想の家を建てられるようにしましょう。
予算内で建てられる家がどのようなものかわからないなどのお悩みがありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

Company / Access / Privacy Policy

〒417-0051 静岡県富士市吉原5-1-5加藤ビル1F Tel.054(567)7837

© 2019 And.s Inc.